まずは左鎖骨のリンパ節を刺激(?)してみよう

リンパの流れを改善してキレイに

最も重要な「左鎖骨リンパ節」

リンパマッサージで最もポイントとなる場所は、「左鎖骨リンパ節」です。ここは全身を流れるリンパ液が最後に集まってくる、いわばリンパの終着地点で、細胞から出てくる老廃物や毒素が集まってくるところなのです。

左鎖骨リンパ節では、全てのリンパ液が静脈と合流して心臓へ流れていきます。体中の老廃物がここに集められるということは、とても詰まりやすいということです。 左鎖骨リンパ節を刺激することが、最初ということもありますが、最も効果を感じます。

この終着地点をスッキリさせてから、鎖骨 → 顔 → 脇 → 腕 → そけい部 → 脚というように、徐々に遠くのリンパ節まで順番にマッサージするのが基本中の基本です。

左鎖骨リンパ節のマッサージのやり方

左鎖骨のリンパマッサージの方法は、左鎖骨のくぼみに左手の指(3本または4本)を使い、 体の中心(首の根元側)から外(肩の外側)に流し込むように5回ほど軽くさすります。

力を入れすぎは逆効果となる場合がありますので、優しくゆっくりさすってください。できればマッサージ用のジェルやオイルなどを使います。

また、くぼみだけでなく鎖骨も左鎖骨のときと同様の方法でさすります。全身を流れるリンパ液が最後に集まる左鎖骨のリンパ節は最もポイントとなる重要なリンパ節です。

忙しいときでも日頃から左鎖骨のリンパ節のマッサージだけは習慣にしていただくと良いと思います。