メタボ対策にはウォーキングでの脂肪燃焼を

りんごと女性

即効のスリムアップを実現するリンパダイエット。その即効性をさらに加速させるために当サイトがおすすめしている、運動との相乗効果についてご説明しましょう。

メタボ対策としておなじみの「脂肪燃焼」ですが、体内の脂肪を燃焼させるために、有酸素運動を何分くらい続けなければならないかご存知ですか?

ま、ここのサイトに訪れるくらいの方ならご存知ですよね。一般的に体脂肪を燃焼させるまでにかかる時間は20分とも30分とも言われております。そして有酸素運動というのは、息が多少ハアハアするくらい、脈拍も多少ドキドキするくらいと解釈されております。

この有酸素運動を、ハアハア、ドキドキと20〜30分続けるというのは、頭で考えるのと実際に行うのとでは雲泥の差があります。実際に忙しい生活の中でそれだけに時間(準備時間も含めるともっと長いです)を取ること、そして気力を出すことはとても難しいことなのです。

しかし、この有酸素運動を1回にまとめて20〜30分続けなくてもいいではないか、という話があるのです。

メタボリックシンドローム、つまり内臓脂肪症候群を予防、改善するにはウォーキングがもっとも手軽で効果的な有酸素運動なのです。

ウォーキングで脂肪を燃焼させるためには約20分以上歩き続ける必要があります。どんな運動でも最初に使われる燃料は肝臓のグリコーゲンで、その後に脂肪の燃焼が始まります。その時間が20分以上ということなのです。

しかし一度に20分以上のウォーキングをしなければ全く効果がないかというと、そういうわけでもないのです。

途中で休んで分散してもトータルでの消費カロリーは一気に20分以上続けた場合と同じなのです。分散した分、仮に歩く速さをアップさせれば、筋肉が発達し基礎代謝量を増やすことになりますので、さらにダイエット効果があるといえるのです。

●すり込むだけで引き締まる!最先端のテクノロジー
 >> b.glenのスリムクリーム